悪玉コレステロールが溜まる原因と改善~悪玉注意報~

老人

コレステロール

コレステロールには善玉と悪玉があり、悪玉コレステロールが増えると動脈硬化を引き起こす原因となります。悪玉コレステロールを減らすものとしてオメガ3脂肪酸が注目されており、手軽に摂取するためにオメガ3脂肪酸のサプリメントが人気となっています。

動脈硬化と高脂血症

外食や加工食品を多く食べていたり、好き嫌いが多く偏った食生活を送っている方は、高脂血症に気をつける必要があります。ビタミンCやビタミンEを摂ると、悪玉コレステロールの酸化を防ぐことができます。

健康とコレステロール

健康になるためには血液を調べて要素を検討する必要があります。悪玉コレステロール減少のための方法も提案されています。

血栓を作らない生活が大事

悪玉コレステロールが危険なのは体内に過度に蓄積されてしまう場合です。適度にある場合は、悪玉コレステロールも身体には必要不可欠な栄養素なのです。コレステロールには善玉と悪玉があって、善玉はタンパク質と結びついて不要なコレステロールを排出する役目を果たします。これに対して悪玉はコレステロールを細胞や血管に取り込む役目をするので、増えすぎると血管の中に血栓ができてしまいます。血栓ができると血液がドロドロになり、動脈硬化を引き起こします。悪玉コレステロールの増加を防ぐには、日常生活の見直しをすることです。暴飲暴食は体内に悪玉コレステロールを蓄積する原因になるので注意が必要です。適度な運動をすることも大切です。

悪玉を増やさない工夫

生活習慣の見直しで重要なのは食生活です。お酒の飲み過ぎや塩分の取りすぎは体内に脂質を増やすので、悪玉コレステロールが増える原因になります。野菜中心の食生活にして、ビタミン類を多く取ることが大切です。ジャンクフードなどの高カロリーで低栄養素な食べ物は減らすべきです。効果的なのは運動をすることです。ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をすると、エネルギーを使って基礎代謝力を高めることができます。脂肪が燃焼して悪玉コレステロールを減らすことができます。食生活の改善も有酸素運動も長く続けて習慣化することが大事です。必ずしも肥満の人だけが注意するのではなく、痩せていても内臓脂肪が多い人はいるので、健康診断で自分の数値を確認することも大切です。

生命維持に必須の化合物

悪玉コレステロールは、生命維持に必要なコレステロールを体内の各所に運ぶ役割があります。ただし量が多すぎると、血管の壁に張り付いて動脈硬化を引き起こすため、悪玉と呼ばれています。悪玉コレステロール値を下げるには、DHAやEPAを多く含んだ青魚やサプリの摂取が有効です。